reason to live

He who has a why to live can bear almost any how.

by Friedrich Nietzsche

 

生きるべき理由のあるものは、ほとんどの困難に耐えることができる。

(生きる理由があると、毎日活動するためのエネルギーが自然と湧いてきます。生きる理由とは、家族、趣味、仕事、ペット、など個々により様々ですが、エネルギーの源となるあたなだけの生きる意味や目的を見出してください。)

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.