メーガンマークルのズッキーニパスタソース

もうまもなくイギリスのプリンス・ヘンリーと結婚しロイヤルファミリーの仲間入りをするMeghan Markle(メーガン・マークル)ですが、今や彼女はシンデレラストーリーに始まり、ファッションスタイルから私生活に至るまで世界中から熱い視線を浴びていますね。

彼女はアメリカのテレビシリーズ『SUITS/スーツ』でメインキャストの一人を務めたことから女優としてのキャリアを確立し、同時にその存在が世の中に広く知れ渡るようになりました。のちにプリンス・ヘンリーとの婚約をきっかけに、”王子の心を射止めた女性” としてときの人となりメディアでも頻繁にクローズアップされています。

そんな中から見えてきた彼女の人物像ですが、ただの美しいアメリカのセレブリティというだけでなく、慈善活動や女性支援にも熱心で勢力的に人道支援を行うなどの行動力ある女性であり、プライベートではグルメでお料理好き、ワイン好きであることも知られています。

さて今回はタイトルにある通り、そんな彼女がよく食べるというお手製の ”ズッキーニパスタソース” の作り方をご紹介したいと思います。聞いた感じからすると、ヘルシーな食べ物なのかな?くらいの想像はつきますが、一体どんなソースなんだろうというのが正直なところではないでしょうか。

そもそもメーガンがこのパスタソースを作るようになったのは、友人の一人に作ってみるようススメられたことがきっかけだったそうです。その友人は彼女にこう言ったそうです『ズッキーニをクロックポットで 4−5時間煮て、 “filthy and sexy mush”(ズッキーニが崩れてセクシー)に見えるくらいの状態になったらパスタを投げ込んで出来上がりよ!』。
ものすごく簡単そうですよね?材料もズッキーニだけ!?
メーガン曰く、出来上がったズッキーニソースはとってもクリーミーなので、バターやオイルがたくさん入っていると誰もが思うはず、でも実際には『ズッキーニ、水、ブイヨン』だけなのだそう…。私としてはヒジョーに気になるので作ってみることにしました。

早速作り方を説明します。

 

 

ズッキーニパスタソース

Ingredients

  • ズッキーニ(ザク切り) 中5本
  • 水 1/2 カップ
  • ブイヨンまたはコンソメキューブ 1-2コ
  • ソルト、ペッパー
  • パルメジャンチーズ お好みで

 

Directions

  1. クロックポット(ない方はダッチオーブンなどの厚手のお鍋、または圧力鍋でもいいと思います)にパルメジャンチーズ以外の全ての材料を入れてください。*基本的にクロックポットやダッチオーブンでは弱火で4−5時間かけてコトコト煮込む必要がありますが、圧力鍋であればもっと短時間になります。使用するお鍋によって調理時間が変わってきますので、目安はズッキーニがトロトロに崩れるまで煮込むということです。
  2. 1 のソースにお好みの茹でたパスタ(アルデンテ)を加えます。
  3. 2 をお皿に盛り付けてパルメジャンチーズ をたっぷりとかけたら出来上がりです。見た目がプレーンなので、もしあればガーニッシュにズッキーニの輪切り(さっと火を通したもの)とバジルなどを添えると見た目がパッと華やぎますよ。

ここでご紹介したのはメーガンのオリジナルに沿った形ですが、アメリカのいろいろなサイトで紹介されてる中には、次のようにアレンジしたものがありましたので参考にしてみてください。

・最初に 1tbs のオリーブオイルで軽く炒める
・ガーリックを加える
・オニオンを加えて、ズッキーニと一緒に煮込む
・トマトを加えて、ズッキーニと一緒に煮込む
・出来上がりにレモン汁をかける

 

さて、ここからは私が実際に作ったものをイメージとともに紹介させていただきます。

*今回私が作ったものには、ガーリック、オニオン、レモン汁、クラッシュタイプのレッドペッパーを加えており、圧力鍋を使用したので水は一切加えませんでした。

①ズッキーニ、オニオン、ガーリック、ソルト、ペッパー、ブイヨンキューブを圧力鍋に入れて中火で加熱します。

 

②加圧後、弱火にして更に20分加熱し、ピンが下がった後も2時間ほど放置、蓋を開けるとこのような状態になっていました。これがメーガンの言う “filthy and sexy mush”(ズッキーニが崩れてセクシー)の状態なのか首をかしげましたが、よくわからないのでこれで良しとしました。
野菜から出たジュースの色がブラウンなのは、ブイヨンから出たものです。

 

③スプーンで崩すとこのようにトロッとした感じになります(力を入れなくても簡単に解れます)。
味見をしてみると、さっぱりとしていてなかなか美味でしたが、メーガンの言うようにクリーミーかと言われると、やっぱり首をかしげざる得ない感じです。この辺は個々の味覚に対する感性の違いかもしれません。私としてはなんとなくナスの味に似ていたように感じたのですが気のせいでしょうか?もしかすると、圧力鍋で短時間で調理するのと、クロックポットでじっくり低温加熱するのとでは食感や甘味に差が生じるのかもしれません。

 

④メーガンはズッキーニソースにパスタを加えると言っていましたが(アメリカではよくパスタソースが入ったお鍋の中にパスタを入れてソースと混ぜてしまいます)、私はお皿に茹でたパスタをのせ、ズッキーニソースをかけ、レモンをかなりたくさん絞り、フライパンで軽く焼いたズッキーニをのせて、パルメジャンチーズ をたっぷりかけ、フレッシュバジルを添えて完成としました!

最後に感想ですが、味はさっぱりとしていて夏にぴったりだと思いました。家族全員が美味しいと言っていたので、次回は圧力鍋ではなくクロックポットで作ってみたいなと思います。
絶対にオススメしたいのは、ガーリックを加えてソースを作ること、出来上がりに焼いたズッキーニを添えること、そして最後にレモンを絞ることです。味がグンと引き立ちますよ。また、私個人としては、パルメジャンチーズ は無くてもよいかなと思いました。その代わりにクラッシュタイプのレッドペッパー(刻んだ鷹の爪)を加えるほうがずっと美味しいと思います。

時間はかかりますが作り方とても簡単なので、興味のある方はぜひ試してみてください。そして感想をいただけると嬉しいです。

 

 

 

2 Comments

  1. お料理上手!作って見たいですが東京はズッキーニが高い>_<
    お皿も素敵。

     
    • BlueberryBlueMoon

      えっ、ズッキーニが高いなんて意外!そう言えば日本に住んでいた頃はズッキーニを買ったことがなかったかも…。

       

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.