Castile soap(カスティール ソープ)

日本でお馴染みのCastile soap(カスティール ソープ)と言えば Dr. Bronner’s (ドクターブロナー マジック ソープ)ですね、もちろんアメリカでもダントツで人気を誇っています。

このカスティールソープ、アメリカでは様々なメーカーから販売されており、健康と環境に配慮したライフスタイルが高まる中、今やカスティールソープは一般家庭においての必需品となりつつあります。

 

ところでカスティールソープとは、そもそも何のことなのでしょうか?

もともとはスペインのCastile(カスティール)地方において作られていた、オリーブオイル由来の100%植物石鹸(液体または固形)のことをカスティールソープと呼んでいました。現在ではそれにちなんで100%植物由来の石鹸を総称して『カスティール ソープ』と呼んでいます。

最も人気のあるブランドDr. Bronner’sでは、主原料としてココナッツオイル、オリーブオイル、ヘンプオイルを使用していますが、その他アボカドオイル、アーモンドオイル、ウォールナッツ(クルミ)オイルなども使用されています。またUSDA(米国農務省)他、様々な機関から認定を受けたオーガニック製品となっています。

既にお使いいただいている方はご存知かと思いますが、そうでない方でも『カスティールソープが私たちの身体からトイレの洗浄までできてしまう万能なソープ』であることをどこかで耳にしたことがあるのではないでしょうか?ここではもう少し詳しくそのその内容を説明してゆきたいと思います。

まず最初に pH(ペーハー)値 の話からになります。
pH値は『1-14』まであり、私たち人間の健康な肌は弱酸性(4.5-6.0pH)に保たれています。カスティールソープは弱アルカリ性(約9.0pH) で、これは塩素系漂白剤 (11.0pH〜) よりアルカリ性は低いものの、中性洗剤より高い pH 値となっていますので、油汚れなどの酸性の汚れに対する洗浄効果が期待できるということになります。ちなみに昔から掃除に欠かせない重曹は8.4pHで、カスティールソープと同等の弱アルカリ性グループとなります。このようにカスティールソープの弱アルカリ性の性質を利用し、手垢や軽い油汚れなど日々のお手入れに洗剤として利用することが可能です

次に肌に使用する場合ですが、前述しましたとおりカスティールソープをはじめとする石鹸は弱アルカリ性であるため、弱酸性の私たちの肌に全く刺激がないとは言い切れません。しかし、カスティールソープや石鹸に含まれる天然界面活性剤は水に溶かすと分解され消失し、汚れや余分な皮脂だけを取り除き洗い流してくれるので、皮膚常在菌が働きターンオーバーを助け肌を健やかに保ってくれる作用があります。
一方、市販のボディーソープや洗顔料などには ”肌への刺激を減らす” 、”優しい” などという謳い文句で、肌と同じ弱酸性に作られた石油由来の合成洗剤が溢れています。これらは一次的な使用感は良いのですが、実際には分解されにくい合成界面活性剤が肌に残ってしまうというリスクがあるだけでなく、私たちの肌に必要な常在菌の活動が鈍ることで肌の健康バランスを崩すようなケースも起こりえます。

以上のようなことから、カスティールソープは単にケミカルフリーの石鹸というだけでなく、その特性から用途の広い万能ソープとも言われています。この一本で私たちの頭の先から爪先まで、そして家中をキレイにすることができるのでコストパフォーマンスもよく人気があるのも不思議ではないですね。

我が家でもここ数年カスティールソープを様々な用途で使っています。キッカケは、たまたま近所のスーパーでドクターブロナーのマジックソープが安売りしていたため興味本位で購入してみたことにあります。その後、用途をインターネットでリサーチし、シャンプー、ボディーソープ、ハンドソープなどをはじめ様々なものをDIYするようになりました。ちなみに、Dr. Bronner’sのサイトでは18通りもの用途があるようですが、ここからは私個人がオススメするのマジックソープの使い方をいくつかご紹介したいと思います。

シャンプー

手作りシャンプーの作り方でも紹介しておりますが、市販のシャンプーにもやはり合成界面活性剤が使用されていることから、週に一度くらいのペースでカスティールソープで作った手作りシャンプーで洗髪(特に地肌)することをオススメしています。なぜ週に一度くらいかと申しますと、前述したようにカスティールソープはアルカリ性であるため、髪の毛のキューティクルが開いてしまうためです。ただし、髪と地肌の汚れや蓄積された化学物質などを取り除いてくれるので、いわゆる髪と地肌のデトックスとしてご使用いただくことを推奨しています。DIYシャンプーはお好みや髪質に合わせて様々な種類のものを作ることが可能ですが、ここでは1例のみをご紹介します。

***ローズマリーシャンプー***

(ロングヘアーで3−4回分)
1. ドクターブロナーマジックソープ 1/4カップ
2. 水(蒸留水) 1カップ
3. ローズマリーオイル 10滴前後
4. キャリアオイル 10滴前後
(スイートアーモンド、アルガン、椿、アボガド、アップリコットシード、ホホバ、キャスターなどなど)

全てをボトルに入れてよく混ぜて使用します。私のレシピではマジックソープを少なめに使用していますが、通常、マジックソープと水の割合が 1:1 が一般的のようです。

 

ハンドソープ

1.  ドクターブロナーマジックソープ  1/2カップ
2.  水(蒸留水) 1/2カップ
3.  お好みのエッセンシャルオイル  15滴前後

全てをボトルに入れてよく混ぜて使用します。

*エッセンシャルオイルは殺菌作用のあるものをオススメします。
*マジックソープと水は基本的に同量となります。フォーミングハンドソープを作る際は、マジックソープ と水の割合が 1 : 3 としてください。
*エッセンシャルをオイルを使用しない場合は、マジックソープをティートゥリーやローズなどのお好みのフレグランスソープにするといいですね。

 

ボディソープ

***しっとりボディーソープ***

1.  ドクターブロナーマジックソープ 1/3カップ
2.  キャリアオイルまたはココナツミルク   1/3カップ
(キャリアオイルはさらっとしたアップリコットシードオイルかグレープシードオイルがオススメですが、ココナツオイルを溶かしたものでも代用できます)
3.  生ハチミツ 1/3カップ
4.  お好みのエッセンシャルオイル 10滴前後

全てをボトルに入れてよく混ぜて使用します。

*ボディソープにつきましては、季節、肌質に合わせてそれぞれの配合を変えてください。
*スポンジなどにつけて泡立ててからご使用ください。

バス&トイレ クレンザー

洗浄力の強い市販の合成洗剤で浴槽を洗ってお湯を沸かす際に「洗剤をしっかり落とし切れたかな…」と不安になりませんか?
100%植物由来のカスティールソープと食用の重曹でできたクレンザーの良さは、そんな不安から私たちを解放してくれるだけでなく、実際に水垢やぬめりなどの汚れをきっちり落としてくれることです。また、重曹の研磨作用は傷をつけにくいという特徴があるため、浴槽磨きにも安心して使うことができます。また、ステンレスにも傷をつけにくいので、キッチン周りにも使用することもできます。

1. ドクターブロナーマジックソープ 1/4カップ
2. ベーキングソーダ(重曹) 1カップ
3. ティートゥリー、ラベンダーなど殺菌効果のあるエッセンシャルオイル 10滴前後

全てをガラスの容器などに入れてスプーンなどでよく混ぜ合わせ、スポンジなどにつけて使用します。

 

野菜用洗剤

ボールにお水を張りドクターブロナーマジックソープ(無香料)を1-2滴入れて手でよくかき混ぜます(あまり泡立たなくても問題ありません)。そこへ野菜やフルーツなどを入れて洗い、その後お水で洗い流してください。マジックソープを小さなポンプ式の容器などに移しておくと使いやすいと思います。

ベビー用ソープ

1.  ドクターブロナーマジックソープ(ベビーマイルド) 大さじ2
2. 水(蒸留水) 1カップ
3.   ラベンダーエッセンシャルオイル 5滴

全てをボトルに入れてよく混ぜて使用します。

*赤ちゃんの目に入らないようお気をつけください。

この他、小さなお子様の食器やお弁当箱を洗う洗剤としてマジックソープを水で5-10倍に薄めて使用、または下着、洋服などの洗濯洗剤として原液をそのまま(洗濯機へ投入あるいは手洗いに)ご使用いただいても良いかと思います。

 

カスティールソープを使用する際には次のことに留意してください。
1.  酢を混ぜないでください。
2.  水は硬水ですとミネラルに反応を起こすことがありますので(特に危険ではありませんがカスティールソープの効果が発揮されない可能性がありますので)蒸留水の使用を推奨しています。
3.  市販の洗剤と混ぜないでください。
4.  洗顔は丁寧かつ手早くしましょう。長時間肌にソープをつけたままにすると乾燥の原因となります。

 

以上となります。

こちらでご紹介したものは全て私個人の好みの配分となっておりますので、カスティールソープ / マジックソープを初めてお使いいただく方などに参考にしていただけると嬉しいです。

 

当サイトに情報を掲載する際には、あらゆる面におきまして細心の注意を払っておりますが、掲載された情報の内容が正確であるか、適切であるか、有効であるかなどを一切保証するものではありません。
また個人の肌や体質に合わないアイテムの使用により発生したトラブル等につきましては一切の責任を負い兼ねますので、何卒ご容赦くださいませ。

 

 

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.