人生に変化を生み出す5セカンドルール

私たちの頭の中には常にやらなければならないことで溢れています。

それは日常を回すルーティンワークであったり、あるいは日頃からやりたいと感じている例えばエクササイズや資格取得の為の勉強などが今はそのタイミングではないなどの理由により後回しになっていたり、または苦境の中にある人、より良い人生を手に入れたい人が現状を打破し何か新しいことに挑戦しようとしていることなども含みます。

自分自身の例を挙げると、ルーティンワークの方は何とかモチベーションを保って回しているのですが、かなり前から常にやらなければならないと感じていながら手をつけていないエクササイズや菜食主義への切り替え、英語の勉強などは、なかなかきっかけが掴めずズルズルと後回しになっています。

このようにやりたいこと、やらなければならないことなどの思考がグルグル渦巻いているのに、実際の行動が伴っていないという方がこの世の中には大勢おられます。

今回ご紹介する『The 5 Second Rule』(5セカンドルール)とは、こういったやるべきことを実践するためのツールとなるもので、人間が自分自身を認識する場合において、自分の思考や行動そのものを対象として客観的に把握し認識するメタ認知の一つとなります。この5セカンドルールは、ある種の目的を果たすために脳の裏をかく、脳のトリックであるとも言え、私たちの習慣のループを遮る手段になりうるものです。

具体的には、アイディアを行動に移す5秒間に「5、4、3、2、1」とカウントダウンし即実行するというもので、何かをやろうと思ったら考えるスキを与えずに行動に移すというシンプルな方法となります。

実際に数を逆から数えることで前頭前皮質(実行機能)を呼び起こします。そうすることにより大脳基底核(運動調節・認知機能・感情・動機づけや学習などさまざまな機能を司る)の閉ざされたループパターンを書き直し、行動の変化を起こしたり新しいことに挑戦する際に効果を発揮します。

私たちの脳は何かをやろうと思い立ってから5秒経過すると起動状態となり、あなたが起こそうとしている行動のあらゆる変化を ”言い訳” などの形で妨害し始めます。例えば、「毎日10分のエクササイズをしよう」と決めているのに「今日はちょっと疲れているから、時間がないからまた今度、首をひねって調子が悪いから…」などの様々な言い訳が浮かんできて取りかからないままということになりがちです。それは私たちの脳が不快なこと、不確かなこと、恐怖が伴うことをするあなたを止めようと働くためです

とは言え、変化するためのアイディアを行動に移すのは最終的にあなた自身の選択であると同時に、その意思決定は実はほんの一瞬の間に行われているということをここで改めて認識する必要があります。

ここから『The 5 Second Rule』の著者Mel Robbins(メル・ロビンス)氏が述べている内容を私の言葉に変えて少しお伝えしたいと思います。

まず、思考についてですが、様々な経験から私たちの思考は恐怖に陥りやすく、脳は自己防衛のために困難なことや心地悪いこと、不安が伴うこと、先の見えない不確かなことなどを回避し私たちを生かすようにデザインされています。ですから、もしあなたが現状を打破しより良い方向へと変化したいのであれば、あなた自身がそれらの難解で不安の伴う先の見えない不確かなことを実行しなければなりません。

しかし実際私たちは、簡単にこなせること(慣れていることや、内容を把握していることなど)にしかモチベーションを発揮できません。なぜ自分の人生をより良くするための小さな一歩を踏み出すのがそんなに難しいのでしょうか?

それは私たちの思考はあらゆる策を講じて、自分が傷つく恐れのある事柄から己を守ろうとするからです。これは私たち全ての人間に当てはまるものですが、表面化しずらく捉えにくいので誰も本当の意味でそのことに気づいていません。

例えば、あなたは自分の意見があるのに、本当の思いがあるのに、それを表現するのをためらいます。そのためらいが脳へストレス信号となって届き、ためらいが発生した状況からあらゆる方法を駆使してあなたを守ろうとします。その一つにスポットライト作用と言うものがあり、危険やリスクを誇張する現象が顕著になります(自己中心性バイアスとも言われています)。私たちの思考はそれらの危機と捉えた事柄から自分を引き離し、安全で静寂な領域へと入っていきますが、同時に、現状に留まるという選択をしたことで問題や不平不満が引き起こされます。一方これは紛れもなくあなたの決断であるとも言えるのです。

 

 

<5セカンドルールを実践する際に知っておくべき3つのポイント>

① やる気になるまで待つのはやめましょう。
難解で不安の伴う真新しい何かに向かっていくためのやる気など、じっと待っていても起こるわけがありません。こうしようと決断しても、モチベーションは必要なときに都合良く湧いて来るものではなく、またベストだと思えるタイミングもただ待っていてもやってはこないのです。

②  私たちはマイクロモーメント(小さな瞬間)の決断の積み重ねから人生を形成していると言えるので、1つ1つの決断を変えることで全てが変化します。
例えば、困難と感じることを横へ置いておき、決まった時間に起きない決断、体に良いものを食べない決断、子供を感情に任せて叱りつける決断、会議で自分のアイディアを発言しない決断、仕事を探さない決断、家計の問題に対処しない決断など、1日を通して自分でも把握していないようなマイクロモーメントの決断を私たちは繰り返しているのです。それらの後回しの決断、回避の決断は、最終的に自己を中心から遠ざける結果となります。顕在的な意識の中にマイクロモーメントの決断の重要性を認識しておくことは、これまでスルーしてきた目の前にある小さな問題に向き合うことにも役立ちます。

③常に答えは自分の中にあります。あなたには何をするべきかという知識があります。
やることはわかっているのに、自分がそれを行っている状況を遠くに感じてしまいます。そこに知識と行動のギャップが生じ、どうしたら余計なことを考えるのを辞めて行動に移せるのかと自問します。しかし実際は全ての問題、しなければならないことの知識と、することへのためらい、そしてやるかやらないかの堂々巡りが頭の中で起こっているのです。

『The 5 Second Rule』の著者Mel Robbins(メル・ロビンス)氏自身も、かつては苦境の中で自分がすべきことを把握しながら殻に閉じこもり身動きが取れない状況に置かれていたことがありました。それを打破したのは、偶然テレビで見かけたロケットの発射場面であったそうです。

旦那さまの事業の失敗から窮地に陥っていた彼女は、恐れや不安、羞恥、責任転嫁、僻みなどあらゆる負の感情に支配され、何も手がつかず毎朝なかなかベットから起き上がることができなかったそうです。

そんなある日NASAのロケット発射場面を偶然テレビで目にし、自分もロケットのようにベットから飛び出てみようと思いついたそうです。そしてロケットが発射する際のカウントダウン『5,4,3,2,1』を声に出して実践し、見事にベットから飛び起きることができたそうです。その後このカウントダウンを実生活にどんどん取り入れ、効果は様々な行動力となって最終的に全ての状況は改善したということです。

私たちには本能と内なる知恵、直感があるとメル・ロビンス氏は言っています。掲げた目標、意図したことで良い人生のために変えたいことについては、脳がそれをキャッチし必要なときには逃さずあなたに思い出させます。彼女の場合はロケットを見た瞬間に「それだ!素早く動け!」と言われているのを瞬時に悟ったそうです。

みなさんにも間違いなくそのような直感に基づく内なる声が届いているはずです。その直感と知恵を汲み取るスキルを鍛え、素早く受け取れるようにすることも5セカンドルールの実践とは別に、人生にとって大切な要素となってきます。

この5セカンドルールは脳の一部を手動で呼び起こすもので、儀式的に繰り返すことで、新しい習慣が身につくようになり、行動を起こす引き金になり、勇気を出す引き金になり、シフトを起こす引き金になります。

みなさんも5セカンドルールのパワーを使って人生に前向きな変化を起こしてみてはいかがですか?

 

 

 

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.