たったの1%であなたの人生が大きく変わる

今回ご紹介するのは Gray Jansen が提唱している『マイクロシフト・トランスフォーム』という考え方です。

私たちあらゆる人間に平等に与えられているものの一つに時間があります。一日当たり1440分(24時間)を睡眠時間を含めた個々の活動に費やすことができます。

もしこのうちのわずか1%に当たる14分24秒、一日当たり約15分をとり意識的にあなたの人生を変えるための行動を起こすとしたらどうでしょう?残りの99%の時間で、これまで通り睡眠、食事、仕事をはじめ、病院へ行くことも、美容室に行くことも可能です。

この筆者はもともと作家になりたいという夢があったそうですが、実行するには失敗するというリスクの方が大きく思えて実際にペンを執ることはなかったそうです。しかしこのマイクロシフトの考え方に出会ってから、仕事では強いプレッシャーがあり、妻がいて、息子がいて、毎日の長距離通勤も大変で精神的にも実質的にも余裕は無かったけれど、とりあえず日に15分だけ書くことに真剣に取り組む決意をしたそうです。

このようにしてスタートしたものの、書いたものは全くの使い物にならないし、続けることは簡単ではなく、実際に途中で何度も諦めたことがあったそうです。それでも彼は一年間なんとか一貫して書き続け、書くための力と忍耐を養っていきました。

これをきっかけに彼は、ずっと書きたいと思っていたスピリチュアルに関する本を書くチャンスを与えられ、出版するに至りました。それを機に彼はより多くの本を手がける事となり、最終的には彼の英雄であり最も憧れていた Deepak Chopra の編集者になることができたそうです。

ところでみなさん、もしあなたがこのマイクロシフトを実行するとしたらどうでしょう?
15分で何をしたいですか?この筆者のように、書くことであれば何とか15分位は費やすことができるかもしれませんが、今まで何もやっていなかった方が突然15分のエクササイズを始める、15分間英単語を覚えるために費やす、などとなると結構この15分が長く感じてしまうと思います。

ここでマイクロシフトを無理なく実行するにあたり、3つのポイントを挙げたいと思います。

・できるだけ自分の好きなこと、興味のあることをする

・最初はもう少し短い時間から始めてみる

・一度辞めてしまっても、何度でも繰り返し挑戦する

毎日15分を1年間続けることは、そう簡単ではないかもしれませんが、これらの3つのポイントを抑えて忍耐を持って続ければ、あなたの人生がシフトするような大きな変化が現れるはずです。

例えば、毎日15分のギターの練習を一年間続ければ5,500時間近くを練習に費やしたことになります。きっと何か簡単な曲は弾けるようになりますよね。もし毎日15分の散歩をしたら(1分80mの換算で)1日約1,2km歩くことになります。それを一年間続けると438km、東京から岐阜あたりまでの距離となります。きっと一年前よりも軽やかで健やかな身体を手に入れることができるはずです。

1日の時間のたった1%、このマイクロシフトのアイディアを取り入れて自分のために何か挑戦してみてはいかがですか?1年後には自信と忍耐、そして間違いなく充実感を得ているはずです。

 

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.