DIYダイニングチェア

DIY ダイニングチェアのシート(座面)張り替え

アメリカは日本に比べると様々な種類の中古家具が比較的リーズナブルで手に入りやすいように思います。

・アンティークショップ
・リサイクルショップ
・サルベージショップ(古い建物から回収された窓やドア、ドアノブ、バスタブなどあらゆるものを販売する店)
・個人で催されるガレージセールやヤードセール

などから掘り出し物を安くGETできることがあります。

リサイクルショップについては同じチェーン店であっても、どの地域に所在するかにより置いてあるもの、入荷の頻度などが違ってきますが、高級住宅街近くにあるリサイクルショップに行くと質の良いものが破格で売られていることもしばしばあります。

 

私もたまに時間があると近所にあるリサイクルショップをのぞいてみるのですが、珍しいものなどを見つけるとつい購入してしまい家の中にガラクタが増えつつあります(汗)

以前にも中古のダイニングチェアを6脚ほど衝動買いしてしまったことがあります。もともと価格が10ドル以下なのに更にそこから50%OFFの値札がついており気づけばリサイクルショップのお兄さんの手を借りて車にせっせと積み込んでいる自分がおりました。

しばらくの間ガレージの片隅で眠らせていたダイニングチェアですが、せっかくなので手直しして利用することに決め今回初のDIY“ダイニングチェアシート(座面)張替”にチャレンジしてみることにしました。

 

↓今回入手したダイニングチェアの一例です。

同じ種類のものが6脚揃っているものもあったのですが、あえて全部バラバラなダイニングチェアを購入。ハワイに住んでいればこんなハイビスカス柄も↓良いのかもしれないのですが、私が住んでいる極寒のミネソタには不釣り合いなので、今回何としてでも張り替えたいダイニングチェアがこれになります。

ハイビスカス柄を含め2脚ともシート部分がかなり汚れています。今回こちらに画像を載せていない残りの4脚も同様であった為、今回全てのダイニングチェアのシート(座面)を張り替えることにしました。

 

ダイニングチェアシートの張替え

 

<材料>

• 生地

• ステープルガン(AMAZONなどでネット販売していますし、ホームセンターなどでも購入できます)

• ステープル/芯 (目安として8mm、台座の厚みによります)

• ハサミ

• 鉛筆またはチャコペン

• ドライバー(プラスとマイナス)

• ペンチまたはニッパー

• 金槌

• ウレタン(必要に応じて座面のスポンジ部分の交換も行なってください。今回はどれも状態が良かったため交換していません。)

• その他(底張り生地、デザインによって鋲など)

 

<張替え方法>

❶まず古い布地を取り外します。

1. 椅子を逆さまにして、座面を固定しているネジを取り外します。
(最後にまた取り付けますのでネジは大切に保管しておいてください。)

2. 1で取り外した座面板には布地がステープル(大きなホチキスの芯)で固定されていますので、それを全て取り外します。
道具として必要なのはマイナスドライバー、金槌、ペンチやニッパーなどです。

❷新しい布地を貼る

1. 取り外した古い布地を利用して新しい布地を裁断します。
新しい布地の上に古い布地を当ててチャコペンなどでぐるりと一周印をつけ同じ形に裁断します(キモチ大きめに裁断してください)。

2. 裁断した新しい布地をステープルで座面板に固定します。
まず、布地を裏返して広げ中央にウレタン→座面板と元のオーダー順に並べて置きます。
ステープルガンを打ち付けて行く手順としては、基本的には4つの辺に生地をしっかりと張りながら止めて行き、コーナー部分は最後に仕上げます。
但し、座面板の形状によっては手順も変わってきますのでご注意ください。

❸ネジで座面を椅子に取り付けて完成です。

 

仕上がったものです。↓↓↓

よく見るとダイニングチェアの足の一部に犬の噛み跡を発見!意外と深い噛み跡だった為、白くペイントし、アルミタワシで擦りラスティック調にして誤魔化しました。

近くから見るとかなり雑ですが当目からはなかなかいい感じに見えます。(シートの張替えより6脚分のペイントの方が大変でした^^;)

 

↓古くなったスチール製の折りたたみ椅子だって、こんなにステキに変身❤︎

さて、今回ダイニングチェアシートの張替えに初チャレンジしてみた感想ですが、想像していたよりも多少手間が掛かった部分もありましたが(古い椅子ほどステープラを抜くのが大変でした)作業自体はいたってシンプルで、さほど時間も掛からず仕上げることができました。

裏を返してよく見ると乱雑な部分もありますが、遠目からは分かりませんし見た目が断然ステキになったので個人的にはとても満足しています。

 

そして何よりも、こんな風にちょっと一手間掛けることで、古く廃れてしまったものを今に活かして行けることに喜びを見いだすことができます。

比較的単純な作業なので、材料さえ揃えば誰にでも楽しみながらできるオススメのDIYです。ぜひみなさんも機会があったら試してみる価値ありですよ。

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.