COZY & HOMEY


Img source : Article from Lindsaymarcella.com

 

英語で Cozy「コージィ」または Homey「ホーミィ」という言葉を聞いたことはありますか?

アメリカで知人の自宅を訪れた際、自宅のツアーをしてくださる方が時折おられます。(逆の場合だと、我が家の来客から家の中を見せて欲しいとお願いされることもあります)

理由は様々ですが大抵の場合
・新居を披露したい
・手入れの行き届いた自慢の家を見せたい
・勝手が分かるよう案内する意図がある
などが挙げられると思います。

決して新しくてゴージャスなお家でなくても、大半の方はそれぞれが受けた印象を肯定的な形で何かしらの褒め言葉として口にされます。
・快適な大きさのお部屋ですね
・日当たりが良くて気持ち良さそうですね
・ステキな壁の色ですね
(アメリカでは壁紙も使用されますが大半は自分選んだカラーのペンキを塗ります)

などなど
その他にも家具や装飾品を褒めたりと様々です。

私が現在住んでいるタウンハウスはランク付けするなら、外観も室内も “中の下” 程だと思っています。特に高価な家具なども一切ありません。
それでも訪れた人々は
「It’s homey.」「It feels like home.」
「It’s so cozy.」
「I love this coziness.」

などと言って褒めてくださいます。

これらには『心地良さそう』という意味合いが含まれており

アメリカでは主に
・心地よい
・温かみのある
・安らぎを覚える
・親しみのある
・くつろぎのある
これらのような空間や雰囲気に対し用いられるポジティブな言葉です。


Img  source : Article from Girlfriend is Better
Photography by Sarah Vickers

 

Cozy「コージィ」についてはそこにこぢんまりと、しっくりくる快適さや、装飾には個々の独創性やユニークさが表現されたイメージがプラスされることがあります。

Homey「ホーミィ」においてはそこに家庭や故郷に対する愛着のある感覚が含まれます。

他にも様々な意味合いや使い方がありますが、ここではインテリアや空間に対する表現のみをご紹介しています。

 


Img source : Article from napshappen.net

よく小さな子供がダンボール箱の中に大好きなおもちゃとブランケットを持ち込んで遊んでいたり、時には心地よさそうに眠ってしまったりしているそんな光景を見たことはありませんか?

さすがに大人になるとダンボール箱の中に入りたいとは思わないでしょうが、お気に入りのものに囲まれる心地よさは想像できますよね(*^^*)

例えばそれは
自分専用の*comfy(カンフィ)な椅子であったり
フカフカなベッドであったり
ペットの写真が飾られたコンピューターの前であったり
マンガで埋め尽くされたトイレであったり
小さくて使い勝手の良いキッチンであったり

どこだっていいんです。

お家の中の一角に心地よい愛着のあるスペースがあったら、自分だけが感じ得る特別な充実感を味わいながらホッと一息、くつろぎと癒しの時間を過ごすことができます。

いつも頑張っているご自分のために、または家族の憩いの場所として“cozy & homey” なスペシャル空間を創造してみませんか?

*comfyとはcomfortableの略で[快適な、心地よい]という意味です

 


Img source : Article from Country Living
Photography by Alec Hemer Photography

↑柔らかい光が差し込む窓際のフカフカなイス。足を投げ出してゆったりくつろぎながらスマホを操作していたらいつの間にか眠りに落ちていた…なんて想像できませんか?かなり大きめのシャビー・シークチェイズ・ラウンジですがスペースがあれば絶対欲しい一点ですね。

★上記のようなソファーをアメリカではChaise Lounge(チェイズ・ラウンジ)といい、一般的には足まで支えられる十分な長さのある形をした布張りのソファーを指します。もとはフランス語の Chaise Longue (シェーズ・ロング)が由来で「長椅子」の意味があり、やはり背もたれに対し座面が長く体全体を休ませることができる椅子を指し、屋外で使用されるデッキチェアも含まれるそうです。
Shabby Chic (シャビー・シーク)の ”chic” については、もともとフランス語であるため、日本ではシャビー・シックとも発音されます。インテリアで使用されるShabby Chicの意味合いとしては、ふんわりとした軽さと優しい明るさが漂うような趣があり、そこに古典的なスタイルと、使い込まれたような風合いや馴染み、さらに洗練された可愛らしさをも兼ね備えたスタイルを指します。

❤︎参考イメージとしてチェックしてみてくださいね

↓↓↓
https://www.shabbychic.com

Img source : Article from planete-deco.fr

↑階段の下の空間を利用したものです。
古くなってしまったベットマットを再利用なんてどうでしょう?お好みのシーツを被せてたくさんのふわふわクッションと、天井にはレースのカーテンや布などを張り、ライトニングにはフェアリーライト、壁には好きなイラストを描いたりポスターを貼ったりサインをつけたり、様々なアイディアで自分のための空間づくり、ちょっと秘密基地っぽくてワクワクしませんか?

 


Img source : Article from Non-stop fun at FUNsubstance.com

↑なんてニートなアイディアなんでしょう!カワイイお子さまのプレイルーム兼パパのコンピュータールームのようですが、リクライニングチェアーと間仕切りでパパのオアシスは完璧ですね d(^_^o) 万が一に備えてコーヒーはマグボトルに入れましょう。あとはイヤホンさえしてしまえばノイズもカットできて思う存分ゲームが堪能できそう…でもママとしてはどうなんでしょうね(^_^;)

 

 


Img source : Article from vanitas-still-life.tumblr.com

↑一つ前のものは生活感がにじみ出ていましたが、こちらは本当の意味で静かな環境の中、作業ができそうです。やはり窓際の優しい光には癒されますね。シンプルな椅子にも、ムートンやフェイクファーを被せれば見た目のオシャレ度も座り心地もUP!あとは観葉植物などをさりげなく取り入れることで癒しの効果もバッチリです。あっ、それとコーヒーはマグボトルじゃなくてコーヒーの芳香な香りが味わえるマグカップの方が気分もリフトアップされますね (^_^)v


Img source : Design Sponge
Styling by : Justina Blakeney & Caitlin Levin
Photography by Carla Richmond

↑こちらはBlanket Fort(ブランケット・フォート)といい、その名の通りブランケット(毛布やひざ掛け)、シーツ、クッション、枕、ソファーなどを利用して作られた”室内用の砦(とりで)”と表現すれば良いのでしょうか…。

アメリカにおいてBlanket Fortは幼少期の娯楽の重要な要素であるとされており、子供向けの本“Corduroy’s Sleepover” や “If You Give a Pig a Party”などを通して目にする機会があります。

また、子育て本にも、子供と一緒に親が参加できる活動の一つとしてBlanket Fortを建てることが提案されているのを目にします。

このように、もともとは子供のための心地よい空間として創造される娯楽であったものが、現在では年齢を問わずその特別なスペースの中で童心に還って過ごす “癒しの空間” という形のインテリアの一つとしてBlanket Fortが取り入れられています。

金曜日の夜、家族で集まって “STORY NIGHT” はいかがですか?
みんなでパジャマに着替えて、フォートの中でリラックス。スナックとホットミルクを用意して、たまにはパパに物語を読んでもらう…なんていうのもいいですよね。
そして…眠くなったらそのまま寝てしまえるなんて想像しただけでも気持ちよさそう…❤︎もちろん大好きな彼氏や彼女とワインを片手にロマンチックに過ごすにも最適ですよ〜❤︎

↓↓作り方の参考例です↓↓

用意するもの
• 長めのポール(太めの突っ張り棒やモップの肢など)1本
• シーツや大き目の布地 数枚
• スクリューフック 4つ
• タコ糸
• 大きめの安全ピン 布地の枚数×2

① 天井からポールを平行に吊り下げられるよう天井の2箇所にスクリューフックをねじ込み、図のようにタコ糸でポールをぶら下げます。(しっかり取り付けてください)


②  一番重さのあるシーツ(布地)を下にしてポールに重ねてゆきます。

③(ポールを起点とした)トップからシーツ(布地)の両サイド約60センチの端のところにそれぞれ安全ピンをつけます。注:シーツ(布地)に穴が開くのが気になる方は安全ピンを使用せず布地を紐で縛る、引っ掛けるなどの工夫をしてください。

④ 安全ピンにタコ糸を通し、タコ糸を持ち上げシーツ(布地)がお気に入りの開き具合になる場所を確認し天井にスクリューをねじ込んで固定します。


ここまでで土台は出来上がりです。

⑤ ④のフォートの周りにポンポンをつけたり中にフェアリーライトや間接照明を設置したり座布団やクッションをたくさん詰め込んで完成です。

****注意****
・賃貸物件であれば、スクリューフックを使用できるかどうかをご確認ください。
・スクリューフックは石膏ボードにねじ込んでもすぐに外れますので最初に使用する位置や材質をご確認ください。
・シーツ(布地)を踏むと、生地が損傷したりスクリューフックが外れる、天井にダメージを与えるなどの恐れがありますのでご注意ください。
・フェアリーライトや間接照明を使用する際には火事の原因になり得ますので取り扱いにはご注意ください。
・決して火の気がある場所には設置しないでください。

さて、いかがでしたか?
今回は “cozy & homey” な空間を作るためのアイディアをいくつかご紹介させていただきました。これをきっかけに小さくても何か自分の喜びにつながる創作活動にチャレンジしていただければ幸いです。

次回は同じように暖かな意味のある言葉Hygge「ハイジ」について参考画像を交えながらご紹介させていただきますのでお楽しみに!

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.